2012年11月28日

10/20,21 第15回目 稲刈り後のお片づけ

サポーターコース第15回目の作業報告です。(途中二日酔いで行けなかった回があり、ご迷惑をお掛けしました…ということで稲刈りには立ち会えずですorz)
今回は稲刈り後のお片づけです。

コンバインで稲刈りをすると、籾だけ取り出した後の残った藁を自動的に束ねて田んぼに残していきます。
そのままに残しておいても朽ちていきますが、後日稲ワラとしてみかん畑に敷いたり、野菜に使用したりする用途がありますので、腐ってしまわないよう乾燥させます。

4束をひとまとめにお互いに立てかけるようにして立てます。数本の藁を束から抜き、上部で縛ります。(写真2がわかりやすいです)
この縛り方にもコツがあり、後半だいぶ早くなりましたが鳥居さんのペースにはとてもかないません。藁を拾うため、結構腰への負担もあります。

写真1:田んぼ一枚をようやく終えたところ。なんだか不思議な生き物が湧いてでたみたいですねw

10.20@.jpg

写真2:近くから見たところ。

10.20A.jpg

写真3:もうすっかり日没が早くなりました。田んぼからの美しい夕焼けです。影富士もくっきり。
田んぼの脇に積んであるのは脱穀した後の籾殻です。少しずつ燃やして灰もまた田んぼの肥料へと戻っていきます。

10.20B.jpg







posted by 食とみどり at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。