2012年11月28日

9/8 第12回目 稗取り

サポーターコース第12回目の作業報告です。
この日は稲刈り間近の田んぼに出て、稗取りの作業です。

「稲より高く頭を出している稗を取り除く」と伺っていたので、前回みたいに屈んでの作業ではなく、麦わら帽子かぶって楽しく作業〜。などと甘く構えていた結果はいかに…

残暑で気温は高いものの、さわやかな風に秋を感じ、稲もだいぶ穂を垂れています。
ぱっと見では雑草などほとんど生えていないようにも見えます。

09.08@.jpg

田んぼはあらかじめ水を抜いて、入れるようにしてありました。稲の株を踏まないようにそっと田んぼに入って行くと、写真でわかりますでしょうか?稲に混じって生えている少し色の濃い植物が稗です。
鳥居さんによると今年は例年よりも稗が多いそうで、ほうっておくと稲と日光や養分を奪いあうので稲の収穫量にも影響をおよぼすとの事でした。種が落ちると来年また稗が生えてくるので、今のうちに取らなくてはなりません。

09.08A.jpg

同じイネ科なので慎重に見分けながら稗のみを刈ります。稲と比べると根本が少し幅広なので穂先を見なくても区別は付けられます。また、稲は田植機で植えたので整然と生えていますが、稗はバラバラに生えているのですぐに見分けがつくようになります。(私は間違えて一度稲を刈ってしまいましたが…)

刈った稗をいちいち田んぼの外に出していては時間がかかるので、ある程度まとまったら稲の上に置いて先に進みます。これを繰り返していくうちに田んぼの中に抜いた雑草の束ができていきます。

全体を抜き終わったら今度はその束を回収するのですが、水を抜いているとはいえ所によってはぬかるみが激しく、草の束を抱えて稲の間を歩くのは信じられないくらい大変でした。
一日かかって1反と1反5畝の2箇所の田んぼしか終わりませんでした。雑草恐るべし・・・。




posted by 食とみどり at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。