2012年09月29日

7/1, 7/7 第8, 9回目

サポーターコース8回目(7/1)および9回目(7/7)の報告です。
この頃同じような作業が連続したので、レポートの筆が進まず、遅くなりましてすみません。

とは言うもののやはり時季によって同じ梅の収穫でも違いが出てきます。
梅の実の収穫もいよいよ終盤。梅の木についている実だけではなく、自然落下している梅の実も状態の良い物を選んで集めます。
そのようなものは袋詰出荷には適さない、下曽我駅近くで食品加工をやっている商店へ持ち込むのです。今回はその様子を。

1)まずは軽トラごと重量を測ります。
梅の実だけを下ろした後で再度計量すると差分が納入した梅の重量というわけです。加工用だけあってキロあたりの単価はもちろん袋入りのものよりは低いです。

1.jpg

2)加工工場の選果機です。写真の右側(切れていますが)に自動洗浄機があり、水で洗浄してからサイズごとに選別します。今にして思えば、加工するのに選果する理由がよくわかりませんが、今度聞いてみます。

2.jpg

選果後は写真左奥に見えている巨大な風呂桶のような入れ物に入れ、梅ジャムや梅肉エキスに加工されます。
農作物としての価値が下がったものでも、このように加工して販売することで付加価値が付きます。

最近は農業や漁業の第六次産業化が政策として出てきていますが、このような大掛かりな設備投資に対するリスクをどのようにヘッジするかが課題のように思えます。小田原は梅の名産地ということで、加工のみを生業にされている方もいらっしゃいますが、そうでない地区・産物について個々の農家で六次化を行うことは当然難しく、地域単位での農地集約や法人化などを進める必要性を感じます。






posted by 食とみどり at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。