2012年06月09日

梅の実収穫

5月27日(日)、穂坂 和昭さんの梅林で収穫をしました。
ご自宅から5分ほどの住宅地の中にある梅林。
以前は、ブルーベリーの畑だったところに梅の木を植えたそうで、
今では、3メーターを超す木に育った梅の木々の下に
ブルーベリーの木があちこち植わっています。

例年、梅の収穫は、5月20日からだそうですが、
今年は、気温が上がらないせいで生育が遅め。
うかがった5月27日の収穫が農協への初出荷となりました。

梅にも梅酒用・梅干用の品種がそれぞれあり、
今日は、梅酒用の「白加賀」の初めての収穫です。

3種類の穴のあいた「小田原 梅 階級 規格板」を使って
大きなLL寸の実だけ取ります。
ひとつひとつ規格板をあてて、LLの穴を通らないものを探して
最初は、木の低いところから。
これは・・と思うものに板をあてるものの、なかなかLL寸はみつからない・・
やっと1個大きく育った青梅をゲット。

1.jpg

ひととおり手の届く高さのものを取った後は、
脚立に上って、木の上の方になっているものを取ります。
脚立のてっぺんはちょっと怖いのですが、
枝があるので、慣れると意外と大丈夫。
でも、慣れた穂坂さん、奥さん、穂坂さんの弟さんと比べると
私の収穫量は・・・

お昼をはさんで午後2時までの収穫で、コンテナー4つ分、およそ80キロ。
ここからまた奥さんが選別して、3時には農協に出荷。

畑をかえて、今度は、小梅の収穫。
これは、梅干用。黄色くなっていない青い物のみコンテナー1杯収穫。
これを持ち帰り、傷のあるものを除いて袋詰め。
そうこうするうちに、その日の作業は終わり。

私にとって初めての梅の実収穫。
そして観光農園などで自分のために取るのではなく、
「出荷する」ものを扱っているという
ちょっとしたプレッシャーのようなものも感じ、
いい加減な作業はできないな・・と実を取るのも緊張しました。

これから、毎日収穫は続くそうです。
今度うかがうのは、6月24日
そのときは、梅干用の「南高」の収穫。

あまり役にはたっていないけれど、
農家の方の大変さを感じ、
どのような作業が行われて私たちの家庭に届くのか
少し感じることができた一日でした。

忙しいさなかに穂坂さんご夫妻に大変お世話になりました。
有難うございました。
次回もどうぞよろしくお願いします。
posted by 食とみどり at 16:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。