2012年04月13日

4/8 オリエンテーション&生産者顔合わせ

小田原農の学校のこれまでの経緯と注意事項を聞いたのち、コースごとの説明と我々生徒をご担当いただく農家の方の発表がありました。

私を担当いただくのは、鳥居さん。お互いの連絡先を交換し、作られている作物、作業の頻度や参加の動機、家族の事などすぐに打ち解けた話ができ、内心ほっとしました。

その後、農地を案内いただきながら、鳥居さん宅へ移動。失礼ながら80代と伺って驚いてしまった。とてもそうとは思えないくらい健康的で足腰もしゃんとしてらっしゃいました。おそらく農作業で鍛え上げられたのでしょう。これも農業の効果かと感心しました。

お宅でお茶をいただきながら、奥様も交えて話の続き。一番下のお孫さんとウチの娘が同い年で、いつでも家族を連れてきて良いとおっしゃって下さいました。将来の就農には家族の理解が欠かせないので、とてもありがたいです。私が作業に慣れ、ご迷惑をおかけしないような時期を見計らって連れていきたいと思います。
作物は梅、キウイ、田圃が五町とミカン三反。作業の手伝いに近所の方がお二人。倉庫には大きな冷蔵庫があって出荷待ちのキウイが保管されていた。近隣では一番大きな農家というのも納得。

第一回目は4/15と決め、今シーズン最後の収穫されたミカンまでお土産にいただいてしまいましたm(_ _)m
posted by 食とみどり at 14:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。