2011年06月28日

農家の肥料撒きを見習いたいものです!

6月28日(第7回)

作業内容: 茶園の施肥

菜種かすをまきました。畝の間にまくのが普通だそうですが、放射能対策で葉が残らない程度に刈っているので、畝の中にまきました。2畝に1袋(20k)程度とのことでしたが最初りいくつかの畝はまいた量が少なかったので最後に追加でまきました。まき方もあるのでしょうが、田中さんはスピードがあります。みならいたいものです。
posted by 食とみどり at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

草刈り・・・・・結構疲れました。

6月14日(第6回)

作業内容: みかん園の除草

草刈機でみかんの木のまわりを刈ってからその周りの草を刈りました。草はぎっしりと生えており、みかん園が斜面になっていることもあり、結構疲れました。枯れ枝・切った幹なども置いてあり、刈辛いところもありました。3、4本みかんの木を傷つけてしまいました。ごめんなさい。いくつかの品種を育てているとの事ですが、みかんの品種は知りませんでした。
posted by 食とみどり at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

6月5日(日)第一回活動報告

作業内容

●たまねぎの出荷の手伝い
生協へ出荷するたまねぎの大きさを揃え泥を取ってキレイにしてしました。
大きさは、丸い大小の穴の開いた板の上に乗せ小さいものは落ちたら規格外、
大きいものは落ちなかったら規格外というように決まっていて
慣れて来ると板の上に乗せなくても規格外だとわかるようになりました。
今年は大きすぎるものは少ないと言っていました。
泥をとりながら傷や腐っていないかを目視します。
まずは生で食べて欲しいとの事でした。

●午後はいよいよキーウイの授粉作業
十日程前から授粉をしているということで
その時まだつぼみだった花が咲いていきているのでその花に雄花の花粉を付けます。
授粉出来た雌花はやがて黒くなり真ん中の部分がキーウイになるそうです。
授粉が終わると、摘花奇形の物やたくさん花がついてる所は
真ん中だけ残して余分な花は取り除いて、
大きな美味しいキーウイが出来るよう調整するそうです。
腰をかがめて上を向いての作業はとても大変でしたが
これをしないとキーウイの実がならない大事な作業なのだと頑張りました。
a110605_1516321.jpg

●感想
農家さんのお子さんたちもたまねぎの出荷の手伝いに来ていて
アットホームな雰囲気で作業をすることが出来ました。
重いコンテナは息子さんが運んでくれてお孫さんがコンテナを組み立ててくれたりと
あっという間の時間でした。
キーウイの授粉は態勢を保ちつつ、咲いたばかりの花を見つける為に
上を向いていなくてはならず体力が必要だなと思いましたが、
キーウイが美味しく出来た時の事を考えながら楽しく作業出来ました。
農家さんからキーウイの貯蔵のお話を伺う事も出来て
また来月伺うのが待ち遠しい限りです。
posted by 食とみどり at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

2回目の受粉作業!

6月4日(第5回)

作業内容: キウイの人口授粉作業

授粉作業を3ヶ所の畑で行いました。それぞれの畑での授粉作業は2回目だそうです。脇芽の花は1つの枝に2つ咲きますが、その1つにかければよいとのことでした。田中さんの家族の方々と授粉作業の担当場所を割り振って作業をしましが、授粉をしながら花をさがしていると、人の担当場所へ入ったり、別の方向へ進んだりと不慣れなこともありました。
posted by 食とみどり at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。