2010年12月16日

梯子に登っての収穫は、緊張しました!

 今日はサポーターコースの7回目、ネーブルとポンカンの収穫をさせていただきました。収穫は枝に1度ハサミを入れて切り、その後、根元までしっかりと切り整える作業でした。そうしないと切り口が他の実に当たって傷が付いてしまうからだそうです。ネーブルは1つ1つの実がとても大きくハサミも使う為、柚もぎの時より大変だったように感じました。ポンカンはネーブルよりは小さいですが、ポンカンとしては良いサイズだそうです。沢山なっているものを一つ一つ下の方から収穫していきました。梯子に登って収穫する時は両手を使ってハサミでハサミで切るため、緊張しました。
 コンテナいっぱいのネーブルは20kgあるそうで、山の斜面をモノレールの機械にのせて車まで移動をされていました。その後、手作業でサイズ分けをするそうです。
 大切な作業をさせて頂き、生産者さん有り難うございました。
posted by 食とみどり at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。