2010年08月31日

農業の難しさを改めて感じました

2010年7月24日(土)

朝8時半、農家の中村さん宅に到着。この日の作業は、漬け込んだ後、天日干しした梅を
大きさを選別して樽に詰めるという仕事でした。

早速、頭にほっかむりをして、髪の毛が混入しないようにします。軒下の作業場で扇風機の
風に当たりながら、猛暑の中、仕事開始。

秤を置いて、でも、大体は大きさや持った感触でS、M、L、LL、潰れ梅、不良品に選別します。
これまでも梅の収穫や、去年の梅干のパック詰めなどをしてきたので、仕事にはすぐに慣れま
したが、難しいなと感じたのは、やっていて、自分のなかに、消費者の目と生産者側の目、主
婦として感じること、など複数の視点が生まれて、割り切って仕事をしましたが、農業の難し
さを改めて感じました。選別しながら、プラスチックの樽にビニール袋を入れてある中に詰め
ていきます。お昼とお茶の休憩の他は、15時過ぎまでひたすら梅と向き合って、腰が痛くな
りました。(腰痛持ちだからですが)
posted by 食とみどり at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

普段何気なく食べている梅干がこんなに手間が・・・

2010年8月1日(日)

今日はサポーターコースの4回目、晴天のもとで梅干しを分ける作業等をさせていただきました。大きなザルに入った梅のへたを取りながら、目で見てサイズごとに分けたり、傷の物や柔らかい物を分けたりするのはとても難しかったです。

樽から出した梅を水に通した後、ザルに上げた物を並べる作業では、上にのせるザルにかすって梅が傷つかない様にむきを考え、また1つ1つがくっつかない様にするとの事で、1つ1つ気を使いながらの作業でした。

出来た梅干しは樽に入れてさらに1年おくそうです。普段何気なく食べている梅干がこんなに手間がかかって作られていると知り、次からはゆっくり大事に味わって食べたいと思いました。
生産者さんお世話になり有難うございました。
posted by 食とみどり at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。